カサカサする、化粧のりが悪い、毛穴が目立つようになった、シミが気になる、なんかくすんでいるような……いろいろなお肌のお悩み。

重なるトラブル、お肌のターンオーバーが乱れているのが原因かも?

高浸透型ビタミンC「APPS」配合の「サイクルプラス」で、肌サイクルを健やかに保ち、いつまでも色あせない素肌を手に入れましょう。

高保湿化粧水-高浸透型ビタミンC誘導体配合:サイクルプラス

「サイクルプラス」の特徴

サイクルプラス

安定して化粧品に入れるのが難しい高浸透ビタミンC「APPS」を最高の状態で肌に届けるために、自分で混ぜる二剤式の化粧水が特徴のサイクルプラスシリーズ。新鮮な状態で、APPSがベストの働きをしてくれます。

高浸透型ビタミンC「APPS」とは

ビタミンCには、メラニンの抑制、コラーゲン産生、抗酸化、新陳代謝の促進という作用があると言われています。美肌に必須の成分ではありますが、人間は自分の身体でビタミンCを作り出すことは出来ません

だから、肌にも外部からビタミンCを補うことがとても大切。ビタミンCの浸透力を高めるために開発されたのが「ビタミンC誘導体」です。

APPSとは、即効性のある水溶性ビタミンC誘導体と、浸透力の高い油溶性ビタミンC誘導体の両方のメリットを持つ進化したビタミンC誘導体

浸透力は通常のビタミンC誘導体の約100倍と言われ、肌のハリを作り出す深部まで浸透します。

あやか

肌に透明感を与えるだけでなく、紫外線ダメージケアをして、ハリを与えてシワにも働きかけていくパワフルな成分がAPPSなのです。

2剤式にして配合

サイクルプラス エンリッチローション

APPSは化粧品に解けた状態では変質しやすいため、配合するのがとても難しい成分です。

「サイクルプラス」では、ローションにAPPSが配合された粉を自分で混ぜるという2剤式にすることで、APPSを一番良い状態でお肌に届けることが可能になっています。
さらに一ヶ月使い切りのシステムで、最初から最後まで一番良い状態のAPPSをお肌に補ってあげることができるのです。

あやか

APPSが工場からおうちに届く間に壊れてしまわないよう、自分で使う直前に混ぜるのでとっても新鮮。

その他の有効成分

ビタミンE誘導体(TPNa)

APPSの働きを助け、抗酸化力を発揮します。
お肌から吸収されやすく、しみやそばかすを防止する効果も。

EGF様ペプチド

GF(グロースファクター)というもともと肌に存在するタンパク質は、肌の細胞を活性化させて若々しく保ったり、組織の修復、色素沈着を改善する働きがあると言われています。

なんとこのGF、25歳から分泌量が急激に減少し、40歳では約3分の1になってしまうとか……。

EGF様ペプチドは、表皮に働きかけて新陳代謝を活性化。
肌のハリとなめらかさを保ってくれます。
加齢とともに遅れがちなターンオーバーを促して、本来の周期に近づけることで若々しい肌を取り戻します。

FGF様ペプチド

肌の奥深く(真皮)に働きかけて、コラーゲンやエラスチンの産生を促進。
肌にハリを取り戻します。EGFと一緒に使うとヒアルロン酸の産生を促す効果も。
年齢を重ねた肌に不足しがちなうるおいを補う効果もあるのです。

5種のヒアルロン酸

お肌にうるおいを保つ代表的な成分のヒアルロン酸。
「サイクルプラス」には、その保湿機能をさらに高めるために5種類のヒアルロン酸を配合しています。

  • 3Dヒアルロン酸 …立体構造でハリとうるおいを与えます。
  • バリア型ヒアルロン酸 …皮膚の表面をカバーしてうるおいが逃げるのを防ぎます。
  • 高級着型ヒアルロン酸 …保湿機能をなが~く持続させます。
  • 保水型ヒアルロン酸 …水分をキープする力があります。
  • 浸透型ヒアルロン酸 …角質層の奥深くまで届きます。
あやか

5つのヒアルロン酸が働き合い、補い合うことで相乗効果が発揮。
乾燥に負けない、うるおいに満ちたお肌に整えてくれます。

6種の美容保湿成分

  • バラエキス …優れた抗酸化力で、細胞を老化させる原因の活性酸素を除去。若々しい肌を保ちます。
  • イタドリ根エキス …「痛取り」という名前の通り、傷薬などに用いられる成分。抗酸化、老化防止効果があります。
  • 大豆エキス …年齢とともに減少するヒアルロン酸やコラーゲン産生システムを活性化。肌周期や皮脂分泌量の正常化も助け、うるおいのあるなめらかな肌に導きます。
  • カンゾウ葉抽出エキス …セラミド産生システムに働きかけて、肌の保水機能を高めます。コラーゲン産生や紫外線ダメージの回復にも効果を発揮。
  • αアルブチン …美白効果を発揮する成分。メラニンを強力に抑制して、シミやそばかすを防ぎ、肌の透明感を引き出します。
  • 活性型ペプチド …肌を活性化させ、コラーゲン産生に働きかけることでシワやたるみを予防、改善。ハリと弾力のある若々しい肌を保ちます。
あやか

単体でも十分な効果がある美容保湿成分を、たっぷり配合。
APPSと一緒にすこやかな肌に整えてくれます。

「サイクルプラス」シリーズの使い方

しっかりした保湿効果を求める場合は、フルラインナップで。
オイルクレンジング→クリーミィウォッシュ→エンリッチローション→エンリッチエッセンス→エンリッチクリーム

忙しいけど保湿はしっかりの場合。
ダブルクレンジングフォーム→エンリッチローション→エンリッチエッセンス→エンリッチクリーム

うるおいは欲しいけど、サラサラ感がお好みの場合。
オイルクレンジング→クリーミィウォッシュ→エンリッチローション→エンリッチジェルクリーム

お手軽にケアしたい場合。
ダブルクレンジングフォーム→エンリッチローション→エンリッチジェルクリーム

と、使用感と手間で好きなように組み合わせて使用できます。
冬場はエッセンス+クリームで、夏場はジェルクリームでなんていう使い方もオススメ。

こんな方にオススメ

  • 乾燥が気になる、化粧のりが悪い、肌がごわつく感じがする
  • 最近キメが荒くなった、小じわが目立つ、肌にハリがない
  • 日焼けしてしまった、肌がくすんで見える、シミが目立つ
  • 化粧崩れしやすい、毛穴が気になる

「自分のお肌を元気にして、根本から美肌になりたい!」という方にオススメです。

「サイクルプラス」の使用感、口コミ評価

実際に、お試しセットを使ってみました。

サイクルプラス

送られてきたのは上の写真の通り。

サイクルプラス エンリッチローション(化粧水)

サイクルプラス エンリッチローション

まずは、説明に従ってローションにパウダーを混ぜます。

サイクルプラス エンリッチローション

こぼさない為にも、ボトルに入れやすくするためにも、パウチはハサミで切りましょう(ちょっとドキドキ)。

サイクルプラス エンリッチローション

ちなみに、パウチの中にはこんな感じの粉が入っています。
粒子が細かいので、失敗して飛び散らせないように注意(もったいない!)。

サイクルプラス エンリッチローション

そーっとボトルの中へ入れていきます。

サイクルプラス エンリッチローション

「こぼしそうで不安…」という、私のような不器用さんはボトルの首にすっぽりとパウチの口を入れてしまうのをオススメ。
これなら外にこぼれず安心です。

サイクルプラス エンリッチローション

全部入りました。
ここでフタをして、シャカシャカとシェイクします。

シェイクしても全部は溶けませんが、5~10分放置するといつの間にか全部溶けていました。

サイクルプラス エンリッチローション

溶けたあとは、ごく普通の化粧水と一緒です。
ほんのり琥珀色のさらりとしたテクスチャで、かすかにバラの香りがします。
さらっとしたつけ心地で、お肌に広げた後、両手でプレスするようにあたためるとしっとりもっちりに仕上がります。

さらっとしていて、つけ心地もさっぱりですが、コレ一本でも突っ張ったりカサカサしてきたりすることはなくて、一日中しっとりなくらい
プラスアルファでクリームやエッセンスを使うと、さらにしっとり仕上がります。

サイクルプラス サンプルセット

同時に届いたサンプルセットの中身がこちら。
オイルクレンジング、クリーミーウォッシュ、エンリッチエッセンス、エンリッチクリームの4本セット。

サイクルプラス オイルクレンジング(メーク落とし)

サイクルプラス オイルクレンジング

保湿するクレンジング「サイクルプラス オイルクレンジング」。
皮脂に似た成分を配合し、肌に優しい使い心地です。

サイクルプラス オイルクレンジング

さらりとしたオイル。
伸びは良くて、肌に負担なくメイクを落とせます。
流した後はべたつかずさっぱり。乾燥も気になりません。

サイクルプラス クリーミィウォッシュ(洗顔料)

サイクルプラス クリーミィウォッシュ

美容保湿成分たっぷりの泡が優しく包んで洗い上げる「サイクルプラス クリーミィウォッシュ」。

サイクルプラス クリーミィウォッシュ

これくらいの量で十分。

サイクルプラス クリーミィウォッシュ

泡の量はピンポン球くらいが目安です。
こちらは泡立てネットで泡立てましたが、手のひらだけでも十分に泡立ちます。

通常の洗顔フォームに比べて、泡が弾力が強く、もこもこフワフワです。
泡で包み込むように洗えるので、お肌への負担も少ないのが嬉しいトコロ。

洗い上がりもしっとりで、乾燥は気になりませんでした。

サイクルプラス エンリッチエッセンス(エッセンス乳液)

サイクルプラス エンリッチエッセンス

水分と油分のバランスを整えて、キメの揃ったなめらか肌に導く「サイクルプラス エンリッチエッセンス」。

サイクルプラス エンリッチエッセンス

さらっとしたテクスチャの乳液です。

良く伸びてもっちり肌に仕上がります。
それほどべたつく感じはなく、しっとりした感触。
化粧水と乳液の時点で、しっかり潤っている感じがありました。

サイクルプラス エンリッチクリーム(クリーム)

サイクルプラス エンリッチクリーム

濃厚な美容保湿成分が肌に満ちて、ぷるんと弾むハリを実現する「サイクルプラス エンリッチクリーム」。

サイクルプラス エンリッチクリーム

こちらはかなり濃厚なテクスチャ。
人工皮脂膜で肌表面を覆って保湿するということで、お肌をコーティングする感じです。

目もとや口もとなど乾燥の気になる部分を中心に使うのをオススメ。
もちろん、乾燥の気になる季節は全体に塗るとカサカサを防ぐことが出来ます。
試した時期が夏場だったこともあって、個人的には朝のケアはクリームはなくても良いかも、というくらい。目もと口元だけちょっと馴染ませるくらいで十分でした。

夜はしっかりクリームでケアすることで、朝までしっとりもっちりです。

サイクルプラス エンリッチジェルクリーム(美容液、乳液、クリーム)

サイクルプラス エンリッチジェルクリーム

美容液、乳液、クリームの3役をこなし、紫外線による乾燥ダメージにも効果的な「サイクルプラス エンリッチジェルクリーム」。

サイクルプラス エンリッチジェルクリーム

見た目よりもさらっとした使い心地のジェルクリーム。

エンリッチエッセンス→クリームの手順の代わりに使用してみました。

エッセンス&クリームよりもさらっとした仕上がりで、朝のメイク前や夏場はジェルのほうが扱いやすいかなという感じ。
なにより1ステップで済むので楽チンです。

ただ保湿力はやはりエッセンス&クリームのほうが上なので、乾燥が気になっている方にはエッセンス&クリームのケアをオススメします。

一週間使ってみた感想

一週間ほどラインで使ってみましたが、なんとなく肌が柔らかくなったような気がします
鼻の頭の毛穴が結構気になっていたのですが、少し気にならなくなってきたような……。

口元や目元のカサカサは全く気になりません
しっかり潤っている割には、べたつきも少なく、メイクの崩れもあまりないので快適。
これから乾燥する季節になると、さらに力を発揮してくれそうな期待が持てます。

エンリッチローションは特に、自分で2剤を合わせたので新鮮な感じがして、使っていても気持ちいいです。
「一ヶ月で使い切る」という目標があるので、ケアにも力が入りました。

まとめ

  • APPSが新鮮な状態でお肌にたっぷり補給できるのがサイクルプラス。
  • お肌のターンオーバーを整えることで、中から元気にしてくれます。
  • ケアの好みで自由に組み合わせて使えるので、自分に合ったラインを作り上げられます。
  • 2剤を混ぜて使うのは実験みたいで楽しいし、新鮮な感じがして使っていて気持ちいいです!

現在、初めての方限定で私も使用したお試しセットが2800円(税抜き)。
化粧水は一ヶ月たっぷりお試し出来るので、気になる方は公式サイトをチェックしてみてください。