美容と健康にはやっぱり自炊が一番だと思っていても、なかなか仕事が忙しくて、気がつくと外食が続いていたり食事が偏っていたり。

そんなあなたを助けてくれるのが、「卵殻膜」を配合し、国産野菜にこだわった美容のためのグリーンスムージー「卵殻膜美菜」。

甘くておいしい青汁で、腸内フローラを整えて身体の中も外も美しくありたいですね。

食生活、乱れていませんか?

美容と健康には野菜が大切だと分かっていても、忙しい毎日でバランスの良い食事をとるのは、本当に大変ですよね。

特に鉄分や食物繊維は、不足しがち。

不規則な生活を続けていると、腸内フローラが乱れて便秘になってしまうことも。
ダイエットにも大敵です。

……とはいっても、きちんと自炊したとしても必要な栄養バランスをしっかりとるのは至難の業。
素人ではなかなか難しいのが実情です。

これらの不足しがちな栄養素が、コップ一杯でしっかり採れるとしたらどうでしょう?

「卵殻膜美菜Bi-sai」は、11種類の国産野菜を配合。

あやか

一包に、
鉄分はプルーン33粒分。
ビタミンCはモロヘイヤ37枚分。
食物繊維はセロリ1本分。
ビタミンB2は納豆2パック分。
βカロテンやポリフェノールもたっぷり含まれています。

しかも、女性に嬉しいコラーゲンをサポートしてくれる卵殻膜や、腸内フローラを整えてくれる有胞子乳酸菌まで含まれていれば、女性にとってはこんなに楽ちん&嬉しいことはありませんよね。

「卵殻膜美菜Bi-sai」の特徴

卵殻膜Bi-sai

女性に嬉しい栄養素がたっぷり配合されているグリーンスムージー。
コップ一杯で多くの栄養がとれます。

11種類の国産野菜

あやか

ケール、大麦若葉、かぼちゃ、キダチアロエ、金時草、オリーブの葉、紫いも、にんじん、ほうれん草、桑の葉、大葉と栄養価の高い野菜を厳選して配合しています。

腸内フローラを整える

あやか

乳酸菌を腸に届きやすくした「有胞子乳酸菌」。
「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」。
50種以上の栄養素を含むと言われる天然素材の「スピルリナ」を配合し、腸内の菌のバランスを最適な状態にしてくれます。

卵殻膜配合

あやか

「ベビーコラーゲン」とも言われるIII型コラーゲンをサポートする卵殻膜配合で、身体の中からキレイと元気を作り出します。

「卵殻膜美菜Bi-sai」の味と口コミ評価

卵殻膜Bi-sai

実際に「卵殻膜美菜Bi-sai」を飲んでみましたので、レポートします。

卵殻膜Bi-sai

パッケージの裏側はこんな感じ。
成分や飲み方、注意事項などが書いてあります。

卵殻膜Bi-sai

1箱に30包入り。
毎日一包飲んでちょうど一ヶ月分です。

卵殻膜Bi-sai

1包3.3g。
コンパクトなスティックタイプなので、持ち運びにも便利です。
家で飲み損なったときには、バッグに放り込んで出かけて、コンビニで買ったヨーグルトに混ぜて食べてもokです。

卵殻膜Bi-sai

緑色のサラサラしたした粉。少し白みがかっています。
粉自体はにおいはほとんどなし。

卵殻膜Bi-sai

今回は味を確かめるため、常温のミネラルウォーターで溶かしてみています。

卵殻膜Bi-sai

溶かした状態はこんな感じ。
結構粉のまま混ざっているので、直前にかき混ぜてから飲むのをオススメします。
簡単に溶けてしまわない分だけ、しっかり野菜の成分が入っている感じがしました。

卵殻膜Bi-sai

一口飲んで、まずびっくり。

とにかく甘い!

ほとんどジュースというくらいの甘さです。
今回、常温の水という飲み方なので余計甘さが際立ったのもありますが、かなり甘く感じました。
(もちろん冷たい水やヨーグルトに合わせると、もう少し控えめな甘さになります)

グリーンスムージーっぽい苦味、えぐみが全くないので、「苦いのは無理!」という方にも抵抗なく飲める味です。
(甘みはステビア(甘味料)由来です)

いろいろな青汁を飲んでいる方には、「甘過ぎ」とか「飲んでる気がしない」という様な物足りなさがあるかもしれませんが、青汁やグリーンスムージーを飲み慣れていない女性には、とくに飲みやすい味になっています。

青汁初心者のかたには、特にオススメ。
味は本当にほぼリンゴジュースなので、心配ありません。

こんな方にオススメ

  • 食生活が乱れがち
  • 外食が多い
  • 野菜不足を感じている
  • お肌の調子が今ひとつ
  • 便秘気味
  • 青汁の苦み・えぐみは無理。おいしくないと続けられない。
  • 青汁、グリーンスムージーを飲んだことがない

青汁特有の飲みにくさがないので我慢して飲む必要がなく、ヨーグルトに入れたりパンケーキに入れたりと色々なバリエーションで飲めるので、続けることが苦になりません

「健康に美しくありたいけど、忙しくて食事に気を遣いきれない!」という女性にぴったりです。
毎日の簡単習慣で、身体の中から健康と美容を手に入れませんか?